引越しトラック 大きさ 道幅

引越しトラックの大きさと道幅

引越し トラック 道幅

 

引越しトラックにはいろいろな大きさがありますが、荷物の量が何畳の部屋に収まるかで決まります。
大きすぎるトラックはガソリン代などの経費もかかるので、最適な大きさのものを選びましょう。

 

しかし、選んだトラックが必ず使えるわけではないんです。
実はトラックの大きさと物件の前の道路の幅によっては、トラックが使えないことがあります。

 

トラックの大きさと前面道路の関係は以下の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

大きなトラックで一気に運びたくても、物件の前が異様に狭い場合は出来ません。
その場合はどこか離れた場所にトラックを停めて台車で往復するか、小さなトラックを何台か用意することになります。

 

どういう風に引越しするのが良いのかは、話し合いで決めましょう。

トップページ > 浜松の引っ越し業者の選び方