引っ越し業者 浜松 住民票

引越しと住民票

引越しをすると住所が変わりますね。引越しで住所が変わる際には14日以内に役所で住民票の異動手続きをしなければなりません。
面倒だからそのうち・・・と思っているとついうっかり忘れてしまうこともあるので、早めに役所には行きましょう。役所関係の書類を出さずにいると、5万円以下の罰則を受けるケースもあるので、お忘れなく。
引越しするにしても、同じ市内での引越しと市外への引越しとでは提出する書類が変わります。

 

同じ市内での引越しは「転居届」を市区町村役に提出するだけなので簡単です。
しかし市外への引越しはまず元の住所の市区町村役場で「転出届」を提出し転出証明書を

 

もらいます。そして引越し後14日以内に新居の市区町村役場に「転出証明書」や「転入届」を提出しなければなりません。
ほかにも書類や印鑑が必要なものが多数ありますので、確認してから行きましょう。

 

自分がもし役所に行けない場合は、委任状と代理人の身分証明書、印鑑があれば代理の人が手続きすることができます。
最低限の電気やガス水道などの手続きはしっかりと予め価格を調べて手続きすることが大切です。本籍が変わる人は2周間前よりもずっとまえに手続きをして持ち物をチェックしておきましょう。
引越し業者の心付けは3万とかいうふざけた人もいますが、安い金額で十分です。一人暮らしだとちょっと多めにしておくと安心です。
いつ来るかわからないような小さな引越し業者よりも大手のWEB見積もりなどを使って料金の目安を付けておくとアルバイトに対してもしっかりと指示ができていいです。